トップ > UVケア

UVケア

ハイムが〔紫外線吸収剤〕を使わない理由

肌なじみがよくなることから、多くの日焼け止めの原料となっている[紫外線吸収剤]。

紫外線が肌にあたったときに、吸収剤が化学変化を起こし、肌の内部に紫外線が到達できないようにガードします。

しかしその一方、化学変化で構造が変化した吸収剤により、肌に負担をかけてしまうことがあり、敏感肌の方には不向きな面もあります。

ハイムでは、出来る限り肌への負担を抑えた化粧品をつくりたいという思いから、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどにも〔紫外線吸収剤〕は使っておりません。

全5件