紫外線には、短時間で肌に赤み、炎症を起こさせるUV-B波と、より深く浸透して肌を黒くし、シワ、たるみなどの原因になるとUV-A波があります。
UVプロテクトミルクは、UV-B波、UV-A波とも、国内最高基準値で強力にブロックし、デリケートな肌を守ります。

ハイムUVプロテクトミルクは、国内最高基準(SPF50+、PA++++)の紫外線ブロック力がありながら、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、香料、着色料など、肌の負担になる成分は極力使用していない低刺激処方です。

高いSPF値・PA値の日やけ止めは、紫外線を吸収してブロックする「紫外線吸収剤」を配合したものが多く、その安全性は確認されていますが、一部肌にあわない方もいらっしゃいます。ハイム化粧品では、お肌への負担が少ないように紫外線を反射させる紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛)を配合することで、「紫外線吸収剤無配合(ノンケミカル)」処方の日やけ止めをお届けしてきましたが、さらに紫外線防止効果が高く、よりよい使い心地の、一ランク上の日やけ止めを目指して開発したのがハイムUVプロテクトミルクです。

保湿成分として肌への親和性が高く、保水力がパワーアップしたスーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)を配合。
オリーブ由来のスクワランを配合し、強力な日やけ止めにありがちなパリパリ感がなく、しっとりすべすべの使い心地です。
アミノ酸系セラミド類似体として知られているラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は、エモリエント剤として、うるおいと柔軟性を与えます。
グルコシルセラミドは、水溶性セラミドとも呼ばれるコメ由来植物性セラミドで、保湿効果が期待できます。

1円玉1個分くらいを手のひらに出し、額、鼻の上、両頬、
あごに置き、ていねいに伸ばしてください。
その後、もう一度同じ量を重ね付けします。
紫外線を浴びやすいところは、特に念入りに塗りましょう。

容器から直接、線を描くように出してから、手のひらで螺旋状にムラなく伸ばしてください。

保湿効果とUV効果を高めるために、スキンケアしてからUVプロテクトミルクを塗ってください。
落とすときは、クレンジングと洗顔料でていねいに洗い流してください。

Copyright ©heim-cosmetic Co., Ltd. All Rights Reserved. 本サイト全ての内容の無断転載・引用は禁止です。